循環器内科

◎ 循環器内科

循環器内科では、心臓疾患および全身の血管病を対象として、日常生活や生活習慣病の管理から薬物療法、カテーテル治療まで、幅広く診療しています。胸が痛い、圧迫感がある(狭心症)、脈がとぶ、動悸がする、失神したことがある(不整脈)、息切れがする、寝る時に息がしんどい、足がむくむ(心不全)、歩くとふくらはぎがだるくなる(足の動脈硬化症)、血圧が高い、血糖値、コレステロールが高いと指摘された、このような方は循環器疾患の予防と早期発見、治療が必要です。お気軽にご相談ください。私たちは、患者さんそれぞれの病状、背景を理解し、個々の患者さんに最適なオーダーメイド医療を提供し、救急疾患から慢性期疾患まで循環器疾患に対して、24時間体制で地域医療に貢献していきます。

担当医紹介

医局長 / 循環器内科部長

岩﨑 祐介 (いわさき ゆうすけ)

平成16年 関西医科大学卒業
日本内科学会 認定内科医
日本循環器病学会 専門医
日本インターベンション治療学会 認定医
浅大腿動脈ステントグラフト実施医